会社を立ちあげた時から一緒に働き、経理として常に会社を陰から支え続けてくれていた社員が、先日会社のお金を持って逃げました。決して大きくはない会社で手を取り合って頑張ってきましたし、その社員のことは誰よりも信頼していました。

残業代メーター | 労働問題ならアディーレ法律事務所

その信頼していた社員が1千万という大金を持って逃げたとは考えたくないのですが、彼以外にはあり得ない状況なのです。お金を失ったのは確かにつらいですが、何よりその社員に裏切られたことが一番のショックです。



会社のお金を扱う経理である彼は、会社の資金やその流れを把握しています。この会社にとって1千万という金額を失うことがどれほど大きな損失かもわかっているうえで、その金額を奪ったのです。彼を信じ、彼に会社の金銭面を任せ、彼と共に大きくしてきたこの会社は、数ヶ月後に存続しているかもわからなくなってしまいました。

残業メーターLite - Google Play の Android アプリ

彼には彼なりの何か事情があったのだろうか。それとも最初からこのつもりだったのだろうか。一時の気の迷いなのだろうか。そんなことを日々考えていますが、それでお金が戻ってくるわけでもありません。仮に彼がお金を持って帰ってきたとしても、もう二度と信頼することなどできないでしょう。

苦楽を共にしてきた彼を通報することは気が引けましたが、これは紛れもない犯罪ですので、先ほど被害届を提出しました。彼の実家や友人にも連絡はいくでしょう。今後どういう結果になるかはわかりませんが、信頼していた分、彼を許すことはできないと思います。